眞子さん「共に歩きたい」=小室さんと結婚会見―式挙げず皇籍離脱、質疑応答なし

社会 皇室

結婚して皇室を離れた秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)と米国弁護士事務所勤務の小室圭さん(30)が26日午後、東京都千代田区のホテルで記者会見した。眞子さんは、これまで支えてくれた人々に感謝の言葉を口にし、「二人で力を合わせて共に歩いていきたい」と話した。

会見は午後2時から約12分間行われた。冒頭、眞子さんはコロナ禍で影響を受けている人々を見舞った上で、「圭さんはかけがえのない存在。結婚は自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択でした」と説明した。

小室さんは「私は眞子さんを愛しております。一度きりの人生を、愛する人と共に過ごしたい」と述べた。母親と元婚約者の金銭トラブルについては「解決に向けて、私ができる限り対応したい」と述べた。

その後、宮内記者会などが事前提出した5問に対する文書回答を配って退席。「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問」があるとして、当初予定されていた口頭での回答は不可能だと記した。

文書回答は質問文を含めA4で計7ページで、眞子さんは「結婚できたことに安堵(あんど)しています」と記載。小室さんの母親の金銭トラブルに関しては、二人とも「精いっぱい対応してきた」などと答えた。眞子さんは、複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)との診断を受けた体調を「決して良くありません」としつつ、周囲の助けで「何とか今日まで過ごしてこられた」と明かした。

今後の皇室との関わり方について、眞子さまは「一人の人として、皇室の方々のお幸せをお祈りしたい」とし、小室さんも「同じ気持ち」と付け加えた。小室さんは米国留学をめぐり「皇室利用をした事実はない」と答えた。

眞子さんは午前10時ごろ、秋篠宮ご夫妻、次女佳子さまに見送られて、住み慣れた宮邸(東京都港区)を離れた。婚姻届は自治体に受理され、皇室典範の規定で皇籍離脱した。

女性皇族の結婚は高円宮家三女の守谷絢子さん以来、戦後9人目。結婚式や関係儀式は行われず、皇室を離れる際の一時金も支給されなかった。いずれも戦後初めて。

皇室の構成は平成以降最少の17人となった。皇族の戸籍に当たる「皇統譜」には27日に登録される。

結婚後、記者会見に臨む小室圭さん(左)と眞子さん夫妻=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)結婚後、記者会見に臨む小室圭さん(左)と眞子さん夫妻=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)

結婚後、記者会見に臨む小室圭さん(左)と眞子さん夫妻=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)結婚後、記者会見に臨む小室圭さん(左)と眞子さん夫妻=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 米国 社会 日本