大谷にコミッショナー特別表彰=「歴史的偉業」を評価―米大リーグ

スポーツ

【ヒューストン時事】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が26日、ロブ・マンフレッド・コミッショナーから、コミッショナー特別表彰を受けた。ワールドシリーズが行われたヒューストンで記者会見した大谷は、「毎年ある表彰ではないし、光栄なこと。自分でいいのかなという思いもあるが、本当にうれしい」と話した。

この表彰は歴史的に意義のある功績や野球への貢献を顕彰する制度で、マンフレッド氏は大谷の投打にわたる活躍を絶賛。「本当に信じられないようなこと。歴史的な偉業をたたえたかった」と語った。大谷は、来季以降の「二刀流」でのプレーについて「今、不安なところはないので、自信は持っている」と話した。

コミッショナー特別表彰を受け、マンフレッド・コミッショナー(右)と写真に納まるエンゼルスの大谷=26日、ヒューストンコミッショナー特別表彰を受け、マンフレッド・コミッショナー(右)と写真に納まるエンゼルスの大谷=26日、ヒューストン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 大リーグ 日本 米国