ガソリン、平均167円=8週連続で値上がり―経産省

経済・ビジネス

経済産業省が27日発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(25日時点)は、全国平均で前週比2円70銭上昇の167円30銭となった。値上がりは8週連続。原油価格の高騰が響き、2014年9月以来、約7年ぶりの高値が続いている。

石油元売り各社は、今週も給油所への卸価格を50銭程度引き上げた。値上がりは来週も続く可能性が高い。

記者会見する石油連盟の杉森務会長=27日午後、東京都千代田区記者会見する石油連盟の杉森務会長=27日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 石油 日本