日大元理事ら2人再逮捕=医療機器調達などでの背任容疑―損害2億円・東京地検

社会

日本大学医学部付属板橋病院(東京都板橋区)をめぐる事件で、東京地検特捜部は27日、医療機器調達などの取引でも計約2億円の損害を日大に与えたとして、日大元理事の井ノ口忠男(64)、医療法人「錦秀会」(大阪市)前理事長の籔本雅巳(61)両容疑者を背任容疑で再逮捕した。特捜部は2人の認否を明らかにしていない。

再逮捕容疑は、板橋病院で使用する磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)など医療機器7台、計約14億6300万円のリース契約をめぐり昨年12月下旬、調達過程で本来必要のない籔本容疑者側の会社を介在させ、見積書の価格を水増し。今年3月ごろ、日大がリース契約を締結したことで債務上の負担を発生させ、水増し分約1億3100万円の損害を与えた疑い。

4月以降に行われた電子カルテシステムの導入取引でも同様の手法を使い、約6700万円の損害を与えた疑いがある。

リース契約の交渉などは、井ノ口容疑者が当時取締役を務めていた日大子会社の「日本大学事業部」が担当した。水増しされた計約2億円は籔本容疑者側の会社の利益として契約されていた。

特捜部は27日、板橋病院の建て替え工事の設計・監理業務を受注した都内の設計会社から、籔本容疑者が全株式を所有するペーパー会社に2億2000万円を送金させて日大に損害を与えたとして、両容疑者を背任罪で起訴した。

関係者によると、2人は2億2000万円の流出経緯などの事実関係は大筋で認める一方、損害を与える目的があったことについては否認しているという。

日大は同日、「改めて深くおわび申し上げる。学内に設置したチームによる調査を継続し、事件の原因究明と再発防止を図る」とするコメントを発表した。

背任容疑で再逮捕された日本大元理事の井ノ口忠男容疑者(右)と医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳容疑者(日大ホームページより)背任容疑で再逮捕された日本大元理事の井ノ口忠男容疑者(右)と医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳容疑者(日大ホームページより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本