南シナ海に「懸念」相次ぐ=東アジアサミット

政治・外交

【バンコク時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)各国と日米中などの首脳が一堂に会する東アジアサミットが27日、オンラインで行われた。中国による軍事拠点化が進み、緊張が続く南シナ海情勢では、岸田文雄首相を含む複数の首脳が「懸念」を表明した。

岸田氏は中国が海洋進出を強める南シナ海情勢に関し、緊張を高める活動や法の支配に逆行する動きが見られると指摘。「ASEANを含む各国と深刻な懸念を共有し、強く反対する」と述べた。米ホワイトハウスによると、バイデン大統領は「国際ルールに基づく秩序に対する脅威」に懸念を示し、中国をけん制した。

27日、オンラインで行われた東アジアサミットに臨む岸田文雄首相(中央)(ASEAN事務局提供・時事)27日、オンラインで行われた東アジアサミットに臨む岸田文雄首相(中央)(ASEAN事務局提供・時事)

首相官邸で東アジアサミットに出席する岸田首相=27日午後、東京・永田町(官邸報道室提供)首相官邸で東アジアサミットに出席する岸田首相=27日午後、東京・永田町(官邸報道室提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ASEAN 中国 日本 米国