核なき世界へ「思い刻む」=坪井さん死去で弔意―岸田首相

政治・外交

岸田文雄首相は27日夜、日本原水爆被害者団体協議会の代表委員坪井直さんが亡くなったことを受け、「誠に寂しい限りだ」と弔意を示した。その上で「被爆地出身の首相として、核兵器のない世界の実現に向け、坪井さんの思いを胸に刻みながら前に進んでいく覚悟だ」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

坪井さんが日本の参加を求めた核兵器禁止条約に関しては「核兵器国を核兵器のない世界という大きな目標に動かしていくため、唯一の戦争被爆国として具体的に行動し責任を果たしたい」と述べるにとどめた。

記者団の取材に応じる岸田文雄首相=27日夜、首相官邸記者団の取材に応じる岸田文雄首相=27日夜、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 米国