ゴーン被告元側近、来年3月判決=弁護側、無罪訴え結審―報酬隠し事件・東京地裁

社会

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(67)の報酬隠しに関与したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役グレッグ・ケリー被告(65)と法人としての同社の公判が27日、東京地裁(下津健司裁判長)であり、同被告の弁護側は最終弁論で「ゴーン被告との共謀を示す証拠が欠如している」と無罪を訴え、結審した。判決は来年3月3日。

検察側はケリー被告に懲役2年、日産には罰金2億円を求刑している。同被告は最終意見陳述で「いかなる罪も犯していない。ゴーンさんを日産につなぎ留めるため、合法的な措置を検討していた」と述べ、改めて潔白を訴えた。

最終弁論で弁護側は、検察側が主張するゴーン被告の確定した「未払い報酬」は存在しないと主張。検察との「司法取引」に応じ、報酬隠しに関する書面をケリー被告に見せたとする元秘書室長の証言は具体性に欠き、信用できないとした。

ケリー被告はゴーン被告に対し、退任後の顧問料などの支払いを模索していたが、未払い報酬を補填(ほてん)する目的ではなく、あくまで退任後の役割の対価だったと強調。その上で、仮に未払い報酬を有価証券報告書に記載しなかったとしても刑事罰に問われる虚偽記載には当たらないとし、「無罪しかあり得ない」と結んだ。

両罰規定に基づき起訴された日産の弁護側は罪を認めた上で、「事件は日産を利するものではなく、ゴーン被告個人の利益を図るものだった」として寛大な判決を求めた。

起訴状によると、ケリー被告はゴーン被告と共謀し、2010~17年度のゴーン被告の報酬総額を実際より約91億円少なく見せ掛け、有報に虚偽記載したとされる。

グレッグ・ケリー被告グレッグ・ケリー被告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東京都