イベント制限1万人解除=27都道府県、来月から―政府

政治・外交 暮らし

政府は28日、新型コロナウイルス対策として東京都など27都道府県で大規模イベントを開催する際、「最大1万人」としていた人数制限を11月から解除する方針を決めた。収容定員を50%以内に抑える措置は当面継続する。28日午後に持ち回りで開かれた新型コロナ感染症対策分科会に制限の緩和を諮り、了承された。

政府は現在、大規模イベントの参加人数について「5000人または収容定員50%以内のいずれか大きい方」としている。さらに、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を9月末に解除した27都道府県に対し、「最大1万人」とする1カ月間の経過措置を設けてきた。

1万人の制限が終了することにより、例えば4万人を収容する野球場では、2万人まで観客数の上限が緩和される。ただ、自治体が独自に制限を設けることもある。

一方、大声などの声援を伴うイベントについては「収容定員50%以内」の制限を引き続き求める。例えば収容人数が8000人の施設で、大声を出さない場合の上限は5000人だが、大声を出す場合の上限は4000人となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都