保護者の5割「様子を見てから」=12歳未満へのワクチン接種―民間調査

経済・ビジネス

野村総合研究所は29日、高校生以下の子どもへの新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり、保護者3090人を対象に行った意識調査の結果を発表した。12歳未満の子どもを持つ1953人に今後接種が可能となった場合に接種させるか尋ねたところ、「しばらく様子を見てから接種させたい」が53.5%で最も多く、「すぐにでも接種させたい」は12.9%だった。「あまり」「絶対に」を合わせ、接種に消極的な回答は33.6%だった。

接種が可能な12歳以上の小学生、中高生を持つ保護者1137人に子どもの接種状況を聞いたところ、「2回接種済み」は24.0%、「1回接種済み」は25.5%。接種を見合わせている保護者に理由を複数回答で聞くと、「副反応が心配」「将来的な安全性が確認できていない」との声が6割を占めた。

中学生を対象に行われた新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場=7月、福島県内中学生を対象に行われた新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場=7月、福島県内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 日本