米通商代表、来月15日初訪日へ=韓印も、対中政策で連携

政治・外交

【ワシントン時事】米通商代表部(USTR)は29日、キャサリン・タイ代表が11月15日から日本を訪問すると発表した。東京を訪れた後、18日に韓国のソウルへ移動し、22日にはインドのニューデリーを訪問する。バイデン米政権が「最も深刻な競争相手」と位置付ける中国に対抗するため、インド太平洋地域で価値観を共有する同盟国や友好国との関係を強化する狙いだ。

タイ代表の訪日は3月の就任後初めて。東京では外相や経済産業相らと会談する見通し。中国による知的財産権侵害や国有企業への補助金など不公正な貿易慣行に対し、日米が足並みをそろえて対抗する重要性を確認する。中国・新疆ウイグル自治区での強制労働問題についても意見を交わすとみられる。

米通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表(AFP時事)米通商代表部(USTR)のキャサリン・タイ代表(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 中国 インド 日本 韓国 米国