期日前投票、2058万人=前回比80万人減―総務省【21衆院選】

政治・外交

総務省は31日、衆院選の公示翌日の20日から30日まで11日間の期日前投票者数(小選挙区)が2058万4847人だったと発表した。過去最多だった2017年の前回衆院選に比べ、79万5130人(3.72%)減少した。

期日前投票者数の全有権者数に占める割合は19.49%。17年(20.15%)とほぼ同水準で、期日前投票が定着していることがうかがえる。

総務省=東京都千代田区総務省=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 国会 衆議院