枝野立民代表、進退あすまでに判断=衆院選敗北、党内に辞任論【21衆院選】

政治・外交

立憲民主党の枝野幸男代表は1日午前、衆院選で公示前の110議席を割り込む敗北を受けて、「結果が出たばかりなので、何人かの方と相談して、あすの執行役員会までには何らかの考え方を示す」と述べ、自身の進退を含めた執行部の責任について明らかにする考えを示した。東京都内で記者団の質問に答えた。

枝野氏は「議席を減らしたことは大変残念で申し訳なく思っている」と陳謝した。

立民は共産党などとの野党共闘を実現させて、213選挙区で候補者を一本化させたものの96議席に後退。党内からは「執行部の責任問題」(党関係者)との声が上がっており、枝野氏らの辞任は避けられないとの見通しが出ている。

これに先立ち、同党の福山哲郎幹事長も国会内で「執行部として、選挙結果には責任がある。私自身の対応については腹を決めているが、ここで申し上げるべきことではない」と述べた。

立憲民主党の枝野幸男代表=10月31日夜、東京都港区立憲民主党の枝野幸男代表=10月31日夜、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本 国会 衆議院