三井住友信託元行員を逮捕=詐欺容疑、被害7億円超か―警視庁

社会

架空のキャンペーンを持ち掛け、顧客から現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は2日、詐欺容疑で三井住友信託銀行(東京都千代田区)の元行員松本裕一容疑者(36)=足立区佐野=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

同課は約10人から総額約7億6000万円を詐取した疑いがあるとみて捜査を進めている。

逮捕容疑は、同行新百合ケ丘支店(川崎市)の財務相談課長だった2020年7月中旬、市内の70代女性に、金利が優遇されるとの架空のキャンペーンを持ち掛けて定期口座に資金を預けるよう勧誘し、現金3500万円をだまし取った疑い。

同課によると、松本容疑者は高額預金者の顧客を狙って接近し、ギフト券を渡すなどして信用させていた。被害額が約1億7000万円に上った人もいたという。

4億円以上を競艇や競馬などのギャンブルに使ったとみられ、昨年12月、上司に「顧客の金を使い込みどうしようもなくなった」と報告して発覚。同行は松本容疑者を懲戒解雇し、警視庁に告訴していた。

警視庁=東京都千代田区警視庁=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本