東電元幹部、改めて無罪主張=福島原発事故、証拠採否持ち越し―東京高裁

社会

東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴され、一審で無罪となった同社元会長勝俣恒久被告(81)と元副社長の武黒一郎(75)、武藤栄(71)両被告の控訴審第1回公判が2日、東京高裁(細田啓介裁判長)であった。控訴した検察官役の指定弁護士側は一審判決の破棄を訴えた一方、弁護側は改めて無罪を主張し、控訴棄却を求めた。

双方が請求していた証拠の採否は、来年2月9日の次回公判に持ち越された。勝俣元会長は体調を理由に出廷しなかった。

指定弁護士側は、巨大津波を伴う地震発生を予測した政府機関策定の「長期評価」の信頼性を否定したことが東京地裁判決の「最大かつ基本的な誤り」と主張。元会長らは防潮堤建設など事故を防ぐための措置を「何一つ講じようとしなかった」とした上で、一審が結果を回避する手段を原発の運転停止に限定したことも誤りだと指摘した。

指定弁護士側は、長期評価策定に関与した元気象庁幹部らの証人尋問や、裁判官による原発周辺の現場検証を求めている。

一方、弁護側は、長期評価の信頼性を否定した一審判決に「誤りはなかった」と主張。長期評価は策定の際の根拠となるデータや手法にばらつきがあるとして疑義を唱え、「控訴には理由がない」とした。

東京地裁は2019年9月、勝俣元会長ら3人に「原発の停止義務を課すほどの巨大津波の予見可能性はなかった」として無罪を言い渡した。3人は津波襲来の可能性を予見できたのに原発の運転を継続し、原発事故で付近の病院の入院患者ら44人に避難を強いて死亡させたなどとして、16年に強制起訴された。

福島第1原発事故をめぐり強制起訴され、控訴審のため東京高裁に入る東京電力元副社長の武藤栄被告=2日午後、東京都千代田区福島第1原発事故をめぐり強制起訴され、控訴審のため東京高裁に入る東京電力元副社長の武藤栄被告=2日午後、東京都千代田区

福島第1原発事故をめぐり強制起訴され、控訴審のため東京高裁に入る東京電力元副社長の武黒一郎被告=2日午後、東京都千代田区福島第1原発事故をめぐり強制起訴され、控訴審のため東京高裁に入る東京電力元副社長の武黒一郎被告=2日午後、東京都千代田区

福島第1原発事故をめぐり強制起訴された東京電力元幹部の控訴審のため、東京高裁に入る検察官役の指定弁護士ら=2日午後、東京都千代田区福島第1原発事故をめぐり強制起訴された東京電力元幹部の控訴審のため、東京高裁に入る検察官役の指定弁護士ら=2日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東北 福島県