物価安定へ連携確認=鈴木財務相、黒田日銀総裁らが会談

政治・外交 経済・ビジネス

鈴木俊一財務相、山際大志郎経済財政担当相、黒田東彦日銀総裁は2日、東京都内で会談し、経済・物価情勢などについて意見交換した。会談は岸田文雄政権の発足を受けて行われた。政府・日銀が物価安定に向けて2013年に公表した共同声明を維持し、今後も緊密に連携していくことを確認した。

鈴木氏は会談後、財務省で記者団の取材に応じ、金融政策運営について「具体的な手法は独立性を尊重して日銀に委ねる」と説明。その上で「金融市場の安定維持に万全を期し、物価目標の実現に努力してもらうことを期待する」と語った。足元の円安は話題に出なかったという。

また、黒田氏は「今後とも日銀と政府が連絡を密にし、互いに十分な意思疎通を図っていく」とのコメントを発表。山際氏は記者団に「(政府は)経済成長戦略をしっかり前に進める」と述べた。

政府・日銀の共同声明は、デフレ脱却と持続的な経済成長を実現するため、政策連携の強化を明記。2%の物価目標の早期実現に向け、日銀が金融緩和を推進することなどを盛り込んでいる。

記者団の取材に応じる鈴木俊一財務相=2日午後、同省記者団の取材に応じる鈴木俊一財務相=2日午後、同省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 金融政策 日本