監視委、SMBC日興本社を強制調査=社員が相場操縦疑い

社会 政治・外交

SMBC日興証券の社員らが、特定の銘柄の株価を維持する目的で不正な株取引を繰り返した疑いがあることが2日、関係者への取材で分かった。証券取引等監視委員会は同日までに、金融商品取引法違反(相場操縦)容疑の関係先として、東京都千代田区の同社本社を強制調査した。

監視委は、検察当局への告発も視野に調査を進めている。

SMBC日興証券は「調査を受けていることは事実だが、コメントは控える。調査に引き続き協力していく」と発表した。

証券取引等監視委員会の看板証券取引等監視委員会の看板

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 証券政策 日本 東京都