大串氏が出馬検討=「仲間と相談」―立民代表選

政治・外交

立憲民主党の大串博志衆院議員は3日、枝野幸男代表の辞任に伴う代表選について、出馬を検討していることを明らかにした。佐賀市内で開かれた同党県連常任幹事会後、記者団の質問に答えた。

大串氏は「党運営に責任をもって、前に進んでいく」と強調。「幾人かの議員からも(立候補について)問い合わせがあった。仲間と相談しながら検討する」とも語った。

先の衆院選で、大串氏は佐賀2区で6回目の当選を果たした。2017年には、当時在籍していた希望の党の共同代表選に出馬したが敗れていた。

立民代表選には、小川淳也衆院議員も立候補に意欲を示している。

大串博志氏大串博志氏

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本