「日本の増産要請、聞いてない」=サウジ・エネルギー相が暴露

政治・外交 経済・ビジネス

【グラスゴー時事】サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は4日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」の閣僚級会合終了後にオンラインで記者会見し、日本政府による増産要請について「日本から聞いていない」と明らかにした。さらに「日本の新しい大臣が就任した時にお祝いの電話をかけたが、折り返し電話もない」と暴露した。

原油高による悪影響に懸念が広がる中、日本政府は「主要産油国に増産を働き掛けている」と説明しているが、OPECプラスの最重要人物に直接働き掛ける機会を自ら逸した格好だ。アブドルアジズ氏は電話した相手の名前には言及しなかった。

アブドルアジズ氏は「日本には新しい大臣は折り返しの電話をできないという法律があるのではないか」と首をかしげる一方、「もし都合が許せば来週にも電話して祝意を伝えたい」と語った。

サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相=2021年10月(AFP時事)サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相=2021年10月(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資源エネルギー政策 石油 日本 サウジアラビア