税の無駄2108億円=コロナで件数減、20年度決算報告―会計検査院

政治・外交

会計検査院は5日、2020年度の決算検査報告書を岸田文雄首相に提出した。税金の無駄遣いや資産の有効活用の必要性を指摘した事業は210件、指摘金額は2108億7231万円に上った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で実地検査が減り、件数は1994年度以降最少となった一方、指摘金額は前年度の297億円を大幅に上回った。

1件当たりの金額が最大だったのは、財務省に指摘した1601億円。記念貨幣の製造に使う見込みのない金地金を売却するよう求め、同省は金地金80トン(帳簿価額1601億円)を外国為替資金特別会計に5420億円で売り払ったという。

金地金は政府が回収した貨幣が元になっており、金の値上がりに伴い、今年3月時点で5420億円となっていた。保有する金地金を売却したのは初めてという。

省庁別では、財務省の1603億円が最多で、農林水産省227億円、厚生労働省20億円と続いた。農水省には、137億円を投じた全国の農地を検索するシステムが活用されていないとして改善を求めるなどした。

コロナ感染拡大を受け、19、20年度に感染防止や経済対策として770事業に支出された金額は42兆円に上った。予算総額は65兆円で、執行率は65%にとどまり、21年度への繰越額は21兆円、不用額は1兆円となった。

森田祐司会計検査院長(左)から、2020年度決算検査報告書を受け取る岸田文雄首相=5日午前、首相官邸森田祐司会計検査院長(左)から、2020年度決算検査報告書を受け取る岸田文雄首相=5日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本