サウジへの要請「書簡送付済み」=原油増産見送り、影響注視―萩生田経産相

政治・外交 経済・ビジネス

萩生田光一経済産業相は5日の閣議後記者会見で、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相が、日本政府からの原油増産要請について「聞いていない」と発言したことについて、「増産要請については先週末に書簡を送った」と述べた。その上で「要は私と直接会ってしゃべっていないということなんだと思う」と語った。

石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は4日、大幅増産を見送り、従来の生産計画の維持を決めた。萩生田経産相は「今後の原油の需給や価格にどのような影響を与えるか注視していく必要がある」と述べ、国際機関や米国と連携し、産油国への働き掛けを続ける方針を示した。

萩生田光一経済産業相=10月26日、首相官邸萩生田光一経済産業相=10月26日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資源エネルギー政策 石油 アラブ首長国連邦 日本 サウジアラビア