岸防衛相、日本寄港の独軍艦視察=「地域の平和と安定に貢献」

政治・外交

岸信夫防衛相は5日、東京都内に入港したドイツ海軍のフリゲート艦「バイエルン」を視察した。ドイツ軍艦の日本寄港は19年ぶり。覇権主義的な動きを強める中国を念頭に日独の連携を強化する狙いがある。岸氏はこの後の記者会見で「インド太平洋地域の平和と安定に積極的に貢献する強い決意を国際社会に広く示すものだ」と歓迎した。

独海軍のフリゲート艦「バイエルン」視察後に記者会見する岸信夫防衛相(中央)=5日午後、東京都江東区の東京国際クルーズターミナル独海軍のフリゲート艦「バイエルン」視察後に記者会見する岸信夫防衛相(中央)=5日午後、東京都江東区の東京国際クルーズターミナル

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) ドイツ 日本 東京都