辺野古移設「着実に進める」=松野官房長官、名護市長らと意見交換

政治・外交

沖縄訪問中の松野博一官房長官は6日、那覇市内で名護市の渡具知武豊市長ら地元関係者と意見交換した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事に関し「着実に進めていきたい」と伝えた。同時に「地域の振興にできる限りの配慮を行っていく必要がある」と述べ、移設に理解を求めた。

これに対し、渡具知市長は「市に米軍基地が所在することにより、市民の生活環境に影響を与えている実情がある」と述べ、引き続き負担軽減に努力するよう訴えた。

沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり、渡具知武豊名護市長らと意見交換する松野博一官房長官(左から2人目)=6日午前、那覇市沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり、渡具知武豊名護市長らと意見交換する松野博一官房長官(左から2人目)=6日午前、那覇市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本 沖縄 沖縄県