鹿児島・桜島で爆発的噴火=警戒レベル5に引き上げ―周辺住民に避難指示

社会 気象・災害

気象庁は24日、鹿児島市・桜島の南岳山頂火口で午後8時5分ごろに爆発的な噴火が発生したとして噴火速報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から最大の5(避難)に引き上げた。大きな噴石が火口から約2.5キロ先まで飛散し、火山活動が非常に活発化しているという。

南岳山頂火口やその東側近くに位置する昭和火口から約3キロ以内の住民居住地域では、飛散した大きな噴石が届く恐れがあり、避難か厳重な警戒が必要。約2キロ以内では火砕流にも警戒が必要という。

鹿児島市は同日夜、南岳山頂火口から3キロ以内にある同市有村町の全域と古里町の一部計33世帯51人に避難指示を出した。市によると、消防隊員が戸別訪問するなどした結果、25日午前0時までに不在の14世帯23人を除く全員の避難が完了した。

鹿児島県警などによると、噴火による人的被害は確認されていない。市は島内全ての小中学校について、25日は部活動を含め登校を見合わせることとした。

同庁によると、桜島では18日から山体の膨張を示すわずかな地殻変動が観測され、24日夜の噴火後も解消されなかった。観測データでは災害をもたらす大噴火が切迫している兆候は見られないが、気象庁の中辻剛火山監視課長は記者会見で「厳重に監視していきたい」と話した。

監視カメラの映像からは、噴石は東から南東方向に飛散したと推定される。同庁は25日に現地調査を実施し、詳しい状況を確認する。

桜島の噴火活動は2018年以降、南岳山頂火口が中心になっている。大きな噴石が火口から2キロの範囲を超えて飛散したのは20年6月4日以来。

噴火警戒レベル5の発表は、鹿児島県・口永良部島で15年5月に爆発的噴火が起きた時以来、約7年ぶり。口永良部島の噴火では全島民が一時、島外へ避難した。

桜島の噴火の様子=24日、鹿児島県垂水市の監視カメラより(気象庁提供)桜島の噴火の様子=24日、鹿児島県垂水市の監視カメラより(気象庁提供)

フェリーから下船する避難住民ら=25日午前、鹿児島市フェリーから下船する避難住民ら=25日午前、鹿児島市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 地震・噴火 社会 日本 九州 鹿児島県 噴火 気象庁