北海道北部で震度5強=浅い地震、5弱なども相次ぐ

社会 暮らし 気象・災害

北海道北部では11日未明以降、地震が相次いだ。午前0時35分に宗谷地方北部を震源として中川町で震度5弱を観測する地震があり、午前0時53分には同5強の地震が起きた。気象庁によると、地震の規模(マグニチュード=M)はそれぞれ5.2と5.4と推定され、深さ4キロの同じ場所で発生した。

その後、宗谷地方北部や上川地方北部を震源として震度4や3などの地震が続いた。津波は起きなかった。

道によると、午前10時時点でけが人は確認されていない。中川町では道路の陥没や隆起が複数確認され、一部区間が通行止めになった。水道管の漏水や断水も一部で発生し、復旧作業が行われた。

気象庁の鎌谷紀子地震津波監視課長は記者会見し、「浅い地殻内で発生した逆断層型地震で、大きめの地震が起きると地震が活発になる傾向がある」と説明。「1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。大雨になった場合は土砂災害にも注意が必要という。

今回とほぼ同じ場所では2012年7月にM4級の地震が相次いだ。今年は北西に約30キロ離れた地点で、6月20日にM4.4、8月4日にM4.1の地震が起き、いずれも震度4を観測した。西に離れた沿岸部にはサロベツ断層帯がある。

午前0時53分の地震の主な各地の震度は次の通り。

震度5強=北海道中川町

震度4=遠別町、猿払村、豊富町、幌延町

震度3=天塩町、稚内市。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

北海道 地震 時事通信ニュース 地震・噴火 気象庁 社会 日本