5キロ圏内住民ら避難=美浜原発、防災訓練2日目―政府

社会 暮らし 防災

関西電力美浜原発(福井県美浜町)での重大事故を想定した政府の原子力総合防災訓練が5日、前日に続いて行われ、原発から半径5キロ圏内の住民がバスで避難するなどした。

訓練は4日午後に福井県嶺南地方で震度6弱の地震が起きたとの想定で開始。5日午後には、美浜町内の県道が寸断された場合を想定し、陸上自衛隊の水陸両用車(全長約12メートル)を導入した訓練を行った。当初は住民を搬送する予定だったが、高波のため漁港での試乗のみとなった。住民6人が試乗後、バスで避難先の大飯中学校(おおい町)に向かった。

参加した美浜町竹波地区の山本文昭さん(58)は「車が水に入る時は結構揺れたが、乗り心地は悪くなかった。陸上だけでなく、水上からも避難できるのは心強い」と話した。

住民を乗せた水陸両用車=5日午後、福井県美浜町住民を乗せた水陸両用車=5日午後、福井県美浜町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 防災政策・災害対策 北陸 暮らし 日本 福井県