【動画】3Dプリンターの「家」登場 「お得感」演出も、来年の百貨店福袋

映像

大手百貨店が2023年正月の目玉として売り出す福袋が出そろった。各社は「初売りで明るい気持ちになってほしい」(松屋銀座担当者)とアピールしている。

松屋銀座(東京)が1袋限定で抽選販売するのは「ハワイ高級コンドミニアム宿泊体験福袋」。価格は20万2300円で、購入すれば7億円以上となる部屋に、最大6人が5泊できる。航空券は別だが、円安で海外旅行が割高になる中、「お得感」が際立つ。 「価格据え置き大粒ダイヤモンド福袋」は、値上がり前に仕入れた約2カラットのダイヤを今の相場では半額以下の550万円で提供する。先着1袋の早い者勝ちだ。【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース