立民、与野党党首会談を要求=旧統一教会被害救済新法で

政治・外交

与野党幹部は6日のNHKの討論番組で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害救済・防止のための法整備について議論した。立憲民主党の岡田克也幹事長は、与党と日本維新の会との協議会の停滞打開に向け、与野党党首会談を週内に開くよう要求。自民党の若宮健嗣幹事長代理は即答を避け、協議を慎重に進める姿勢を強調した。

与党は協議会で、今国会では消費者契約法などの改正にとどめ、新法制定は先送りしたいと伝えている。岡田氏は番組で、新法も今国会中に制定すべきだと主張。「岸田文雄首相が(今月中旬に)海外に行く前に与野党党首会談を開いて大枠を合意する。前提として(政府・与党が)法案をきちんと示す。それを約束してほしい」と迫った。

協議会メンバーでもある若宮氏は、党首会談の是非を答えるのは「私の立場で困難だ」としつつ、新法について「意見の隔たりがあって合意が難しい。なかなか前に進めない」と語った。

立憲民主党の岡田克也幹事長立憲民主党の岡田克也幹事長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本