岸田首相、11日から東南アジア歴訪=韓国、中国と対話模索

政治・外交

岸田文雄首相は、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議など一連の国際会議に出席するため、11日から東南アジア3カ国を歴訪する。これに合わせ、関係改善を探る韓国の尹錫悦大統領と初の正式会談を検討。3期目の共産党指導部を発足させた中国の習近平国家主席とも対話を模索する。

首相は7日の政府・与党連絡会議で「多くの首脳が出席する中、国際情勢や食料・エネルギー安全保障について、日本の立場と取り組みを発信していく」と表明。公明党の山口那津男代表は「米国、韓国、中国などとの首脳外交にも積極的に取り組んでほしい」と期待を示した。

ASEAN首脳会議は10~13日にカンボジアで開催。首相は続いて、15~16日にインドネシアで20カ国・地域首脳会議(G20サミット)、18~19日にタイでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。

一方、尹大統領はASEAN首脳会議とG20サミット、習主席はG20サミットに出席する見通し。首相はこの機会を活用し、両首脳との会談を調整する。

政府・与党連絡会議で発言する岸田文雄首相(手前)=7日午後、首相官邸政府・与党連絡会議で発言する岸田文雄首相(手前)=7日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ASEAN 日本 政府・内閣