ライフの清水信次氏死去=96歳、大手スーパー創業者

経済・ビジネス 社会

食品スーパー大手のライフコーポレーションを創業した同社名誉会長の清水信次(しみず・のぶつぐ)氏が10月25日、老衰のため死去した。96歳。津市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻久子(ひさこ)さん。お別れの会を来年開く予定。連絡先は同社秘書・広報部。

陸軍に入隊して敗戦を迎えた後の1956年、ライフの前身となる食料品販売会社を設立して社長に就任した。61年にはスーパー形式の店舗を大阪府豊中市に出店。71年には東京都板橋区に出店して首都圏進出を果たし、2大都市圏に特化した売上高7600億円超の一大チェーンに育て上げた。

86年、2011年には日本チェーンストア協会会長に就任。99年には日本スーパーマーケット協会を設立して初代会長を務めた。

82年以降は会長などとして長年、経営のかじ取りを行ってきたが、21年5月に取締役名誉会長に退き、今年5月に高齢を理由に取締役も退任していた。86年に藍綬褒章受章。

清水信次氏 ライフコーポレーション名誉会長(同社提供)清水信次氏 ライフコーポレーション名誉会長(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 訃報 社会 日本