十倉経団連会長、賃上げ「ベア中心」=物価高踏まえ方針案―23年春闘

経済・ビジネス 仕事・労働

経団連は7日、正副会長会議を開き、2023年春闘に向けた経営側の基本姿勢として、物価高を特に重視し、賃上げに前向きな対応を会員企業に求める方針案を大筋で了承した。会合後に記者会見した十倉雅和会長は「物価上昇をにらんだ賃上げが大事だ。(会員企業に)ベースアップ(ベア)を中心に考えてほしいとお願いしたい」と述べた。

経団連は、春闘に向けた経営側の指針「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)を取りまとめ、年明けに公表する。物価上昇を反映した賃上げをテーマに、労使の議論が本格化することになる。

記者会見する経団連の十倉雅和会長=7日午後、東京都千代田区の経団連会館記者会見する経団連の十倉雅和会長=7日午後、東京都千代田区の経団連会館

会談する西村康稔経済産業相(写真右)と経団連の十倉雅和会長=7日午前、東京都千代田区会談する西村康稔経済産業相(写真右)と経団連の十倉雅和会長=7日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経済団体 日本 経団連