【動画】千枚漬け作りが本格化

映像 旅と暮らし

立冬の7日、京都の冬の味覚千枚漬けの仕込みが最盛期を迎えている。漬物会社「大安(だいやす)」(京都市)では、法被姿の職人が「シュッ、シュッ」とリズム良くカブをかんなで削り、たるに敷き詰めて塩を振る昔ながらの手法が報道陣に公開された。材料の京野菜「聖護院かぶら」は寒さで甘みが増すとされ、京都特有の底冷えが始まるこの時期の千枚漬けが最もおいしいという。5日ほど漬け込むと全国各地の店頭に並ぶ。 【時事通信映像センター】

Copyright(c) JIJI PRESS LTD., All Rights Reserved.

時事通信ニュース