政府、被害救済新法を今国会提出へ=悪質な寄付勧誘禁止―首相、教団被害者と面会

政治・外交

岸田文雄首相(自民党総裁)は8日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害救済・防止のため、悪質な寄付要求を禁止する新法を今国会に提出する方針を表明した。首相官邸で公明党の山口那津男代表と会談して合意した。政府・与党はこれまで今国会での新法制定に消極的だったが転換した。今国会会期末が12月10日に迫る中で制度設計を急ぐ。

首相は「閣法(政府提出法案)という形で法律を用意する。この国会に提出をしたい」と述べ、早期成立を目指す考えを強調。消費者契約法の対象とならない寄付一般に関し、(1)社会的に許容しがたい悪質な勧誘行為を禁止する(2)悪質な勧誘行為に基づく寄付について取り消しや損害賠償請求を可能とする(3)子や配偶者に生じた被害の救済を可能とする―ことを柱とすると説明した。会談後、首相官邸で記者団に語った。

首相は旧統一教会問題の被害者と面会したことも明らかにした。「凄惨(せいさん)なご経験を直接うかがった。政治家として胸が引き裂かれる思いがした」と述べた。

会談に臨む自民党の岸田文雄首相(右)と公明党の山口那津男代表=8日午後、首相官邸会談に臨む自民党の岸田文雄首相(右)と公明党の山口那津男代表=8日午後、首相官邸

旧統一教会の被害者救済に関して、記者団の取材に応じる岸田文雄首相=8日午後、首相官邸旧統一教会の被害者救済に関して、記者団の取材に応じる岸田文雄首相=8日午後、首相官邸

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に関する与野党協議に臨む自民、公明、立憲民主、日本維新の会の各党関係者=8日午後、東京・永田町の衆院議員会館世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に関する与野党協議に臨む自民、公明、立憲民主、日本維新の会の各党関係者=8日午後、東京・永田町の衆院議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法案 政党 日本 自民党 公明党 政府・内閣