茨城で震度5強=1週間、同程度の地震注意―気象庁

社会 暮らし 気象・災害

9日午後5時40分ごろ、茨城県南部を震源とする地震があり、同県城里町で震度5強の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは51キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.9と推定される。この地震で津波は起きなかった。

気象庁の鎌谷紀子地震津波監視課長は記者会見で「揺れの強かった地域では1週間、最大震度5強程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

震源は陸のプレートとその下に沈み込むフィリピン海プレートの境界にあり、深かった。城里町の揺れが周囲より大きかった理由は、揺れが伝わる経路や地盤の影響が考えられるという。

原子力規制庁によると、運転停止中の日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)、日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(同)などに地震による異常は見つかっていない。

主な各地の震度は次の通り。

震度5強=茨城県城里町

震度4=茨城県笠間市、福島県白河市、宇都宮市、群馬県邑楽町

震度3=水戸市、福島県棚倉町、栃木県足利市、群馬県桐生市、埼玉県熊谷市、千葉県成田市。

最大震度5強を観測した茨城県南部の地震について記者会見する気象庁の鎌谷紀子地震津波監視課長=9日夜、東京都港区の気象庁最大震度5強を観測した茨城県南部の地震について記者会見する気象庁の鎌谷紀子地震津波監視課長=9日夜、東京都港区の気象庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

地震 時事通信ニュース 地震・噴火 気象庁 社会 日本 茨城県