葉梨法相「地味な役職」発言陳謝=国会で撤回、官邸は厳重注意

政治・外交

葉梨康弘法相は10日、自身の職務を「死刑のはんこを押す地味な役職」などと発言したことについて「職務を軽んじるような印象を与えたとすれば率直におわびする」と陳謝した。首相官邸で記者団に語った。葉梨氏は発言の撤回を否定したが、この後に一転して国会で撤回した。

葉梨氏は記者団に「法務省の仕事は極めて重要だ。しっかりと言動には慎重を期しながら、職責を全うしたい」と強調した。松野博一官房長官は「軽率な言動がないように」と葉梨氏を厳重注意した。岸田文雄首相は松野氏から報告を受けた際、葉梨氏に関し「職責の重さを自覚し、説明責任を徹底的に果たしつつ、職務に当たってほしい」と述べた。

葉梨氏の発言に野党は反発し、10日午前の参院法務委員会は開会が遅れた。開会後、葉梨氏は自身の発言を「撤回する」と述べた。衆院議院運営委員会は理事会で、法務省が所管する民法改正案の午後の本会議採決を見送ることを決めた。

葉梨氏は9日の会合で「法相は朝、死刑のはんこを押し、昼のニュースのトップになるのはそういう時だけという地味な役職」などと発言していた。

参院法務委員会で答弁する葉梨康弘法相=10日午前、国会内参院法務委員会で答弁する葉梨康弘法相=10日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本