天皇陛下、前立腺肥大を確認=「懸念される所見なし」―宮内庁

社会 皇室

宮内庁は10日、天皇陛下が6日に受けられた前立腺のMRI(磁気共鳴画像装置)検査の結果、前立腺肥大が確認されたと発表した。同庁は「特に懸念される所見はない」としているが、念のため月内に組織検査を受けるという。

同庁によると、現在62歳の陛下はこれまでの検診で、前立腺疾患の指標となるPSA(前立腺特異抗原)検査の数値にやや懸念される傾向がみられたため、東大病院(東京都文京区)でMRI検査を受けた。自覚症状はなく、ジョギングをするなど普段通り過ごしているという。

前立腺の磁気共鳴画像装置(MRI)検査を終え、東大病院を出られる天皇陛下=6日、東京都文京区(代表撮影)前立腺の磁気共鳴画像装置(MRI)検査を終え、東大病院を出られる天皇陛下=6日、東京都文京区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本 東京都 皇室