完全試合、ギネス世界記録に=佐々木朗と松川で最年少―プロ野球ロッテ

スポーツ

ロッテは10日、佐々木朗希投手が今季のオリックス戦(4月10日、ZOZOマリンスタジアム)で達成した完全試合がギネス世界記録に認定されたと発表した。

松川虎生捕手との合計年齢、38歳330日(達成時)を、「プロ野球における完全試合を達成した投手と捕手の最年少(合計年齢)」として認定。この試合で佐々木朗がマークした13者連続奪三振も、「プロ野球における投手の連続奪三振最多数」として登録された。

佐々木朗は「今後もいろいろな記録に挑戦できるように頑張りたい」とコメントした。

「ギネス世界記録2023」を手にするロッテの佐々木朗希投手(球団提供)「ギネス世界記録2023」を手にするロッテの佐々木朗希投手(球団提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本