高裁金沢支部は「違憲状態」=7月参院選、1票の格差

社会

「1票の格差」が最大3.03倍だった7月の参院選は投票価値の平等に反し違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決が10日、名古屋高裁金沢支部であった。吉田尚弘裁判長は「違憲状態」と判断した上で、無効請求は退けた。

二つの弁護士グループが全国14の高裁・支部に起こした計16件の訴訟で13件目の判決。これで、「違憲」1件、「違憲状態」6件、「合憲」6件となった。15日までに高裁判決が出そろい、その後最高裁が統一判断を示す見通し。

吉田裁判長は、格差是正に向けた姿勢を維持していると認めるに足りる成果を国会は挙げなかったと指摘し、「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態に至っていた」と認めた。一方、是正の取り組みを始めたとしても、今回の選挙までに改善はできなかったとして、「違憲ということはできない」と判断した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 裁判 社会 日本