トランスジェンダー社員を侮辱=「SOGIハラ」で労災認定―神奈川

社会

心と体の性が一致しないトランスジェンダーの40代会社員がうつ病を発症したのは、勤務先の上司から性的指向や性自認に関するハラスメント(SOGIハラ)を受けたことによる強い心理的負荷が原因として、神奈川県内の労働基準監督署が労災認定していたことが10日、分かった。認定は6月30日付。

会社員本人と代理人弁護士などが東京都内で記者会見して明らかにした。会社員は、戸籍上の性別は男性だが、性同一性障害の診断を受けて現在は女性として生活している。

会社員は2017年11月ごろ、勤務先の大手メーカーで、性自認は女性だと公表した。しかし、上司から何度も「彼」と呼ばれ、「君のことを女として見ることなんかできない」「女として扱ってほしいなら、さっさと手術でも何でも受ければ良いだろう」などと言われたという。

その後、うつ病を発症して18年12月に休職。21年9月に労災申請した。現在は復職しているという。

会社員は会見で「どんな立場であってもハラスメントに遭わない職場をつくる必要がある」と強調。「苦しんでいる人は、泣き寝入りせずに闘ってほしい」と話した。

会社員の勤務先は「重く受け止めている。同様の問題が起きないよう、再発防止に取り組んでいく」とコメントした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 労働・雇用 社会 日本 神奈川県