岸田首相、葉梨法相を更迭へ=「死刑はんこ」発言巡り

政治・外交

岸田文雄首相は11日、葉梨康弘法相を更迭する方針を固めた。自身の仕事を「死刑のはんこを押すときだけニュースになる地味な役職」などと発言したことに批判が相次ぎ、政権運営への影響が不可避と判断した。

複数の政府関係者が明らかにした。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題で、10月24日に辞任した山際大志郎前経済再生担当相に続く閣僚辞任となれば、政権への大きな打撃となる。

首相は11日午前の参院本会議では、葉梨氏について「改めて職責の重さを自覚し、説明責任を徹底的に果たしてもらわなければいけない」と述べ、野党の更迭要求を拒否していた。

参院本会議で答弁する岸田文雄首相=11日午前、国会内参院本会議で答弁する岸田文雄首相=11日午前、国会内

衆院法務委員会で答弁する葉梨康弘法相=11日午前、国会内衆院法務委員会で答弁する葉梨康弘法相=11日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 法務行政 日本