首相、葉梨法相を更迭=2人目、岸田政権に打撃―「はんこ」発言・後任に斎藤元農水相

政治・外交

葉梨康弘法相は11日、首相官邸で岸田文雄首相に対して辞表を提出し、首相は受理した。事実上の更迭とみられる。「法相は死刑のはんこを押すときだけニュースになる地味な役職」との発言が批判を招き、国会審議にも影響したことから、続投させるのは困難と判断した。後任は自民党の斎藤健元農林水産相を起用。同氏は皇居での認証式を経て就任した。

岸田政権で閣僚の更迭は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡り10月に辞任した山際大志郎前経済再生担当相に次いで2人目。相次ぐ閣僚の辞任は逆風下の首相にさらなる打撃となる。

首相は葉梨氏の辞表を受理した後、記者団に「軽率な発言で国民の信頼を損ねたこと、重要施策の審議などに遅滞が生じることを考慮し、辞任の申し出を認めた」と述べた。同時に「私自身の任命責任も重く受け止めている。山積する課題への取り組みを進めていくことで職責を果たしていきたい」と語った。

岸田文雄首相に対し法相の辞表を提出し、報道陣の取材に応じる葉梨康弘氏=11日午後、首相官邸岸田文雄首相に対し法相の辞表を提出し、報道陣の取材に応じる葉梨康弘氏=11日午後、首相官邸

葉梨康弘法相の辞任について、報道陣の取材に応じる岸田文雄首相=11日午後、首相官邸葉梨康弘法相の辞任について、報道陣の取材に応じる岸田文雄首相=11日午後、首相官邸

法相に就任し、岸田文雄首相(右)と記念撮影する斎藤健氏=11日午後、首相官邸法相に就任し、岸田文雄首相(右)と記念撮影する斎藤健氏=11日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政局 日本