ピアノで亀井さん1位=重森さん4位―ロン・ティボー音楽コンクール

社会 文化

【パリ時事】若手音楽家の登竜門として知られるフランスのロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門最終選考が13日、パリで行われ、亀井聖矢さん(20)が韓国のイ・ヒョクさん(22)と共に1位となった。重森光太郎さん(22)も4位に入賞した。

亀井さんは愛知県一宮市出身。同県立明和高校音楽科で2年間学んだ後、17歳で桐朋学園大に同大初の飛び級入学。現在は同大4年に在籍し、著名指揮者やオーケストラと共演を重ねるなど、実力、人気共に同世代の先頭を走っている。

亀井さんは授賞式後、自らの演奏について「楽しかった。幸せだった」と笑顔を浮かべた。「じわじわと実感が湧いてきている。ここに向けてレッスンを頑張ってきて良かった。これからも変わらず成長していきたい」と語った。

重森さんは福井市出身で、桐朋女子高音楽科(男女共学)から桐朋学園大に特待生入学。卒業後はプロの演奏家を養成する同大ソリスト・ディプロマ・コースで学んでいる。

重森さんは「自分の大好きな曲でオーケストラと共演できて本当にうれしかった」と話した。演奏については「朝一番でコンディションが整っていない部分もあったが、満足している」とほっとした様子だった。

13日、パリで行われたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で1位を獲得した亀井聖矢さん13日、パリで行われたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で1位を獲得した亀井聖矢さん

13日、パリで行われたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で4位に入賞した重森光太郎さん13日、パリで行われたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で4位に入賞した重森光太郎さん

13日、パリで行われたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で共に1位を獲得した亀井聖矢さん(手前中央)と韓国のイ・ヒョクさん(同右)13日、パリで行われたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で共に1位を獲得した亀井聖矢さん(手前中央)と韓国のイ・ヒョクさん(同右)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 フランス 日本 韓国