IAEA「来年早期に報告」=処理水安全性、2回目検証―東電福島原発

社会 経済・ビジネス

東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出計画をめぐり、来日した国際原子力機関(IAEA)の調査団が14日、安全性検証のための調査を開始した。IAEA原子力安全局のカルーソ部長は経済産業省や東電の幹部と意見交換し、「来年早期に(調査結果の)報告書を出したい」と説明した。

東京電力福島第1原発から出る処理水の海洋放出計画をめぐり、安全性検証のために来日したIAEA調査団とIAEA原子力安全局のカルーソ部長(手前から2人目)=14日午前、東京都千代田区東京電力福島第1原発から出る処理水の海洋放出計画をめぐり、安全性検証のために来日したIAEA調査団とIAEA原子力安全局のカルーソ部長(手前から2人目)=14日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 電力 日本 東北 福島県