7月参院選、「合憲」7件目=1票の格差で東京高裁

社会

「1票の格差」が最大3.03倍だった7月の参院選は投票価値の平等に反し違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決で、東京高裁の木納敏和裁判長は14日、「合憲」と判断し、請求を棄却した。一連の訴訟で合憲判断は7件目。

木納裁判長は判決で、国会の議論内容から「格差是正を志向する姿勢が失われたとまでは認められない」と指摘。最大3.00倍だった2019年の前回選挙からの拡大幅はわずかで、国会の取り組みの継続も期待されるとして、「違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったとは言えない」とした。

比例代表候補者を個人の得票数にかかわらず優先して当選者とする「特定枠」についても「国政上有為な人材の当選機会を高めることを可能とし、国民の意思を反映しないものとは言えない」と述べた。

東京高裁=東京都千代田区東京高裁=東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 裁判 社会 日本