顧客資産の管理状況開示=破綻のFTX日本法人

経済・ビジネス

経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの日本法人は14日、11日時点の資産管理状況を開示した。顧客からの預かり資産のうち、法定通貨は日本円約47億7000万円、米ドル約896万ドル(約12億7000万円)の計60億円相当を保有。顧客資産と自社資産は分別管理していると強調した。

顧客から預かった暗号資産はビットコインなど14種類を保有していると公表した。暗号資産はインターネットに接続しない形で、法定通貨は信託口座で、それぞれ厳密に管理していると説明。いずれの資産も預かり残高を上回る余剰資金を確保しているとしている。

FTXは11日、米国で連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。対象には日本法人も含まれ、日本の金融庁は顧客資産保全のため、新たな資金の受け入れなどの業務を停止するよう日本法人に命じた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 日本