ロシア制裁継続を確認=対中朝でも連携―日EU首脳

政治・外交

【ヌサドゥア時事】岸田文雄首相は14日午後(日本時間同)、訪問先のインドネシア・バリ島で欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長と会談した。両氏はウクライナ侵攻中のロシアに対して「強力な制裁」を継続する必要性で一致。「ロシアの核の脅しは受け入れられず、使用はあってはならない」との認識を共有した。ウクライナ支援を続けることも申し合わせた。

また、東・南シナ海での中国の威圧的行動に関し、「力による一方的な現状変更の試み」に反対する立場を確認。北朝鮮の核・ミサイル問題に連携して対応することで一致した。首相は日本産食品輸入規制の早期撤廃を改めて求めた。

首脳会談の冒頭、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(左)と握手する岸田文雄首相=14日午後、インドネシア・バリ島首脳会談の冒頭、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長(左)と握手する岸田文雄首相=14日午後、インドネシア・バリ島

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 EU インドネシア 日本 北朝鮮 ロシア ウクライナ