川崎さんに「国際子ども平和賞」=日本人初、若者の社会参加促進

社会 暮らし

【ロンドン時事】オランダに本部を置く児童権利擁護団体「キッズライツ財団」は14日、若者の社会参加を促進する活動を行う大阪インターナショナルスクール12年生の川崎レナさん(17)=大阪府豊中市=に、2022年の「国際子ども平和賞」を授与した。05年から始まった同賞を日本人が受賞したのは初めて。

川崎さんは教育を受けられない子どもの存在を本で知ったことをきっかけに、さまざまなボランティアに参加。14歳でNGOを立ち上げ、若者が自分たちの将来に影響を与える政策決定に積極的に参加することを目指して活動をしている。

オランダ・ハーグでの授賞式を前に、川崎さんは「日本の若者として受賞できたのが率直にうれしい」と喜びを語った。その上で、「若者の声がいろいろな大人に届くようにすることが私のテーマ。長期的な若者のポジション(場所)を政治や行政の中につくっていきたい」と今後の目標を挙げた。

国際子ども平和賞は、子どもの権利擁護や状況改善のために行動する若者を対象に創設され、13年にパキスタンの女性人権活動家マララ・ユスフザイさん、19年にはスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんがそれぞれ受賞している。

2022年の「国際子ども平和賞」を受賞した川崎レナさん(中央)(KidsRights 2022提供)2022年の「国際子ども平和賞」を受賞した川崎レナさん(中央)(KidsRights 2022提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 福祉 暮らし 社会 社会一般 日本 大阪府