カンボジア首相、コロナ陽性=12日に岸田氏と会談

政治・外交

【バンコク時事】カンボジアのフン・セン首相は15日、フェイスブックへの投稿で、新型コロナウイルス検査で陽性となったことを明らかにした。プノンペンで13日まで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議の議長を務め、12日には岸田文雄首相、バイデン米大統領とそれぞれ会談していた。

フン・セン氏は、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席するために訪れたインドネシアで検査を受け、陽性と診断された。「感染経路は分からない。症状はない」と説明している。

首脳会談に臨む岸田文雄首相(左)とカンボジアのフン・セン首相=12日、カンボジア・プノンペン首脳会談に臨む岸田文雄首相(左)とカンボジアのフン・セン首相=12日、カンボジア・プノンペン

バイデン米大統領(左)との会談に臨むカンボジアのフン・セン首相=12日、プノンペン(フン・セン氏のフェイスブックより・時事)バイデン米大統領(左)との会談に臨むカンボジアのフン・セン首相=12日、プノンペン(フン・セン氏のフェイスブックより・時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ASEAN インドネシア 日本 カンボジア