夫「処置適切だったのか」=コロナワクチン接種後急死―アナフィラキシー疑い・愛知

社会 暮らし

愛知県愛西市で5日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種を受けた女性(42)が直後に死亡した。強いアレルギー反応「アナフィラキシー」が起きた疑いがあり、県医師会は医師らの対応について検証を始めた。夫は「適切に処置をしていれば妻は助かったのではないか」と訴えている。

亡くなったのは同市の主婦飯岡綾乃さん。市によると、5日午後に集団接種会場で、オミクロン株派生型「BA.5」に対応する米ファイザー製ワクチンを接種した。飯岡さんは約5分後、経過観察中に息苦しさを訴え、徐々に体調が悪化。血の混じった嘔吐(おうと)をし、意識を失い呼吸も止まった。

会場で処置した医師らは、心停止などの際に使うアドレナリン注射を試みたが、静脈のルートを確保できなかった。飯岡さんは救急搬送され、接種から約1時間40分後に死亡。死因は急性心不全だった。基礎疾患があったが、接種と死亡との因果関係は分かっていない。会場にはアナフィラキシーの治療に用いる別の注射液もあったが、使われなかった。

夫の英治さん(45)によると、面会した医師と看護師は、アナフィラキシーに対応した経験がなかったと回答。医師は「血と泡みたいなものを吐いたので肺の病気かと思った」と説明したという。

飯岡さんは元看護師で明るい性格だった。接種当日の日記には「出来ればしたくないけど、やっぱり接種しておいた方がいいなぁ、とは思うよね」などと記されていた。英治さんは「息苦しさを訴えた時点で、アナフィラキシーを疑っていれば妻はまだ生きていたと思う」と憤った。

県医師会は「重大な事案」として医療安全対策委員会を開催。アナフィラキシーの有無や接種後の対応などを検証している。

ワクチン接種直後に亡くなった飯岡綾乃さんの遺影の前で、取材に応じる夫の英治さん=11日、愛知県愛西市ワクチン接種直後に亡くなった飯岡綾乃さんの遺影の前で、取材に応じる夫の英治さん=11日、愛知県愛西市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東海 愛知県