国内感染、2カ月ぶり10万人超=北海道、初の1万人台―「第8波」警戒強まる・新型コロナ

社会 暮らし 健康・医療

国内では15日、新たに10万5188人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの新規感染者が10万人を超えるのは9月14日以来、2カ月ぶり。北海道(1万906人)では初めて、東京都(1万1196人)でも2カ月ぶりに1万人を超えるなど、新規感染者は全国的に増加傾向にあり、「第8波」への警戒が強まっている。

北海道の鈴木直道知事は定例記者会見で「いつでも誰もが感染する可能性があるレベルだ」と危機感を示し、混雑した場所への外出を控えるなど、感染防止行動の徹底を呼び掛けた。

国内では1週間前から約2万1900人増えた。新たな死者は126人。重症者は257人で前日から22人増えた。

都によると、新たな死者は7人。新規感染者の直近1週間平均は7863.4人で前週比129.5%。都基準による重症者は前日から3人減り、23人だった。

記者会見で、北海道の新型コロナウイルス感染状況を説明する鈴木直道知事=15日午後、札幌市記者会見で、北海道の新型コロナウイルス感染状況を説明する鈴木直道知事=15日午後、札幌市

ススキノ交差点を歩く人たち=15日午後、札幌市中央区ススキノ交差点を歩く人たち=15日午後、札幌市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 北海道