5度目W杯、選手の胃袋支え=「最後の大会」思い胸に―代表専属シェフ西さん

スポーツ 社会

サッカーワールドカップ(W杯)に挑む日本代表を5大会連続で支える人がいる。専属シェフの西芳照さん(60)だ。カタール大会は中東ならではの食材制限もあるが、準備は万端。「今回が最後の大会」との思いを胸に、工夫を凝らして選手たちの胃袋を支える。

ハンバーグ、銀ダラの西京焼き、ウナギ―。試合3日前からの必勝メニューとして定着しており、西さんは「出さないとおかしなことになる」とほほ笑む。

2004年以降、130回以上の海外遠征に同行。10年の南アフリカ大会では、高地対策として鉄分が多く含まれる料理を作るなど、「その時々の条件に合わせて提供してきた」

今回は宗教上の理由で、豚肉の持ち込みが禁止されている。ビタミンB1が多く含まれ、疲労回復には欠かせない食材だが、牛や鳥のレバー、ウナギなどで補う予定だ。

選手自身も食事には気を使う。中でも、長友佑都選手(36)の栄養に関する知識は、西さんも舌を巻くほどだ。「青魚を多めに出してほしい」とリクエストされたり、「この揚げ物は新しい油を使っていますか?」と聞かれたりするという。

今年1月に還暦を迎えた西さん。3月のアジア最終予選オーストラリア戦の前夜に、選手たちから赤色のシェフコートをプレゼントされた。西さんは「負けたら終わりの大事な試合の時に…」と苦笑する。だが勝利し、W杯の切符をつかんだことで、「縁起物」となった。選手たちとはW杯でも着る約束をした。

9月のドイツ遠征後にはドーハに立ち寄り、宿泊先のホテルを下見した。厨房(ちゅうぼう)や食事会場は整っており、現地のスタッフも友好的だった。「これまでにない良い環境」と手応えを感じている。

「いつの間にか迎えた」という5度目のW杯。これが最後との思いがある。「選手の皆さんは食事だけが楽しみだと聞く。おいしい料理を出して、良い雰囲気をつくりたい」と意気込む。

サッカーW杯代表専属シェフの西芳照さん(JFA提供)サッカーW杯代表専属シェフの西芳照さん(JFA提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース サッカー日本代表 スポーツ 社会一般 社会 日本